ルームシェアのすすめ

初めて上京して生活するという人におすすめなのが、流行りの「ルームシェア」というスタイルです。玄関やリビング、キッチンやお風呂、トイレなどを共同で使い、専有の部屋を別々で持ち、2人以上で共同生活をするというスタイルです。

家賃や光熱費などを折半してそれぞれが少しずつ負担するというケースが一般的です。ワンルームで部屋を借りるよりも安上がりで、かつ広い部屋に住めるとあって、ルームシェアが若い世代を中心に人気があります。

2人分の物を置いたり、2人で同じ場所を使ったりということは想像以上にスペースが必要になるものです。玄関やバルコニーなど、共有スペースはなるべく広いものを選びましょう。

全くの知り合いがいない環境での引っ越しの場合、ルームシェアすることによって相談相手ができるなどのメリットもあります。しかし、ライフスタイルや生活時間が真逆であれば、それぞれが苦痛に感じてしまう可能性もあります。ルームシェアをする際には、部屋の間取りだけでなく、一緒に住む相手についても少々慎重に選ぶようにしましょう。

ルームシェアをすることで、帰宅したときに家に明かりがついていると寂しくない、「おかえり」と言われるとホッとするという人が多くいます。程よい距離を保ち、快適なルームシェア関係を築きましょう。