家具付きシェアハウス

1人暮らしを始める際には、物件の家賃がいくらなのかということばかりに目が向いてしまいがちです。しかし、いざ新生活を始めるとなると、揃えなくてはいけないものが沢山あり、驚いたという人も少なくありません。

新生活に必要な物とは一体何なのでしょうか。生活に欠かせない冷蔵庫や電子レンジ、洗濯機、テレビ、パソコン、机、イス、ベッド、エアコン、シューズボックスなど実にさまざまな物を買い揃えなくてはいけません。優先順位を付けたり、リサイクルショップやリサイクルアプリを利用して安く手に入れたりした場合でも、出費がかさむものです。

そういった場合におすすめなのが、シェアハウスのDKハウスのように家具や家電が全て揃った状態で住むことができる部屋を借りるという方法です。きちんと確認することが必要ですが、家具の全てを買い揃えなくても良いというメリットは非常に大きいものです。

家具を揃えるとなると、コスト面だけでなく、購入までに時間や手間がかかってしまいます。家具付きの部屋の場合、入居してすぐから生活できるので非常に便利です。

家具付きのシェアハウスにすると、家具代だけでなく家賃も折半することができます。費用をおさえて快適な生活をしたいという人は検討してみてはいかがでしょうか。

ルームシェアのすすめ

初めて上京して生活するという人におすすめなのが、流行りの「ルームシェア」というスタイルです。玄関やリビング、キッチンやお風呂、トイレなどを共同で使い、専有の部屋を別々で持ち、2人以上で共同生活をするというスタイルです。

家賃や光熱費などを折半してそれぞれが少しずつ負担するというケースが一般的です。ワンルームで部屋を借りるよりも安上がりで、かつ広い部屋に住めるとあって、ルームシェアが若い世代を中心に人気があります。

2人分の物を置いたり、2人で同じ場所を使ったりということは想像以上にスペースが必要になるものです。玄関やバルコニーなど、共有スペースはなるべく広いものを選びましょう。

全くの知り合いがいない環境での引っ越しの場合、ルームシェアすることによって相談相手ができるなどのメリットもあります。しかし、ライフスタイルや生活時間が真逆であれば、それぞれが苦痛に感じてしまう可能性もあります。ルームシェアをする際には、部屋の間取りだけでなく、一緒に住む相手についても少々慎重に選ぶようにしましょう。

ルームシェアをすることで、帰宅したときに家に明かりがついていると寂しくない、「おかえり」と言われるとホッとするという人が多くいます。程よい距離を保ち、快適なルームシェア関係を築きましょう。

早く部屋探しするには

上京する前に部屋を探そうと思っても、長く滞在できない人が多いのではないでしょうか。そのような状況では、素早く良い部屋を見つける必要があります。

手早く部屋を見学するためには、上京前にあらかじめある程度の候補物件と、訪問する不動産やさんを決めておきましょう。転居シーズンなどタイミングによっては、部屋の空き状況が変わることがあります。訪問予定の不動産やさんに、候補にしている物件を伝え、空き状況が変わる度に連絡を入れてもらえるようにしておくと良いでしょう。

不動産やさんに連絡を入れる際には、家賃や間取り、日当たりや駐車場など譲れない物件のポイントを伝え、訪問日に数件回りたい旨を連絡しておくようにしましょう。希望条件を伝えておくと、それに合うか近い物件をいくつかピックアップしてくれるので時短になります。

妥協できるポイントとそうでないポイントを自分で整理しておくと、物件を選ぶ際に基準ができるので選びやすくなります。

部屋の契約までを1日で済ませたい場合には、事前に審査に必要なものを聞いておき、準備してから上京するとスムーズです。

不動産やさんは、インターネット上にアップしていない物件や、空き予定などの情報を握っています。こまめにやり取りをして、良い物件が出たらすぐに紹介してもらえるようにお願いしておきましょう。

上京したら部屋探し

学校や仕事、その他の理由で上京し、まずすることと言えば家探しです。これからの生活が快適で自由で楽しいものにするために、自分の理想を叶える素敵な部屋を見つけましょう。

東京には、賃貸の一戸建てやワンルームマンション、マンスリーマンションやウィークリーマンション、ソーシャルアパートメント、シェアハウスと実にさまざまな部屋のタイプが存在します。

自分のライフスタイルや経済状況に合わせて、理想にピッタリで、家賃の支払いに無理がないものを選ぶようにしましょう。

インターネット上のサイトや、スマートフォンのアプリなどでも簡単に物件を探すことができるので、上京する前から物件情報を集めておくことをおすすめします。特に、スマートフォンを使用すればいつでもどこからでも検索できるので、まとまった時間が取りづらい忙しい人にもおすすめです。

但し、物件はやはり実物を見ずに契約すると、想像していたものと違ったということになりかねません。気に入った物件を見つけるためには、不動産屋さんに足を運ぶようにしましょう。特に、上京したての頃は、住環境や立地など分からないことばかりです。不動産屋さんに相談することで、その地域の情報を教えてもらえるので、不安なことがある場合は積極的に質問するようにしましょう。

ここでは、上京したときにする部屋探しのポイントや、おすすめのお部屋のスタイルについてご紹介します。物件の契約をする前の参考にしてみてください。